Happy Life k5(けーご)

k5の雑記ブログです。人生、欅坂46、日向坂46、ジャンプ(バスケ)、筋トレ、K-1等について語ります。

スポンサーリンク

コービー・ブライアント氏、死去。【R.I.P.】【Kobe Bean Bryant】【Black Mamba】【Michael Jordan】【ブラックマンバ】【レイカーズ】【神戸】2020.1.27

news.livedoor.com

 

この知らせを聞いた時は何かの冗談かと思いました。

 

NBAのレジェンド選手、コービー・ブライアント氏の死去…。41歳。

ヘリ墜落による事故死で、13歳の愛娘も犠牲に。

 

コービー氏は私がNBAで最も好きな選手でした。ダンクシュート、ジャンプシュート、アシスト、ディフェンス、ブロックショット等、彼のゲーム支配力は「圧巻」の一言でした。

 

バスケットボールの神様と呼ばれるあの「マイケル・ジョーダン」とプレイが良く似ており、最も比較されることが多かった選手。

 

www.google.co.jp

 

「私の弟のようだった」と、ジョーダン氏。

 

コービー氏のYouTube動画を良く目にすることができるようになったのは私が大学生の頃くらいから(2006~2008年頃)。その頃からは、彼のプレイ動画を見漁ったものです。


 

上2つの動画は私が大学生、そして社会人の頃、よく観ていた動画です。

彼のプレイ動画を見ていると、時間があっという間に過ぎます。

 

彼のジャンプシュートは、自分もよく参考にしたものです(恐れ多いながら…)。

プルアップジャンパーに、フェイダウェイ・ジャンプシュートに、ポストアップからのジャンプシュートに。

 

1試合1人で81得点という驚異的な数字をたたき出したこともあります。

 

全盛期を過ぎていたはずの彼の引退試合でも、1試合60得点という驚異的な数字をたたき出しました。 

 

こうしてまた過去の動画を観ていると、彼が亡くなりもうこの世にはいないということがいまだに信じられません。

 

多くの人にとってバスケといえば「マイケル・ジョーダン」かもしれません。私としても、最初に思い浮かぶ名前はジョーダン氏の名前です。

 

しかし私は生まれた年(1987年)の影響もあり、ジョーダン氏のプレイを目にすることがほとんどできなかった。テレビでジョーダン氏のプレイを見ることはできませんでした。

 

そんな私がバスケに熱中していた頃、初めてテレビで見られたのがコービー氏のプレイ。当時まだ中学生でしたが、衝撃を受けたのを覚えています。

 

だから、自分にとってのバスケのヒーローはコービー・ブライアント氏なのです。

 

昔も、そして今も自分にとってのヒーローはコービー氏です。

 

ご冥福をお祈りします。

 

これからもプレイを見させていただきます。