Happy Life k5(けーご)

k5の雑記ブログです。人生、欅坂46、日向坂46、ジャンプ(バスケ)、筋トレ、K-1等について語ります。

スポンサーリンク

他人を攻撃する人。【指摘】【嫌味】【説教】2019.8.15

生きていれば他人から攻撃されることはある。攻撃される覚えがあるならまだしも、攻撃されるような覚えがないのに攻撃をされることもしばしば。

 

また、攻撃される覚えはあっても、「そんな勢いで攻撃しなくても」と思うような勢いで、必要以上に攻撃されたりとかも。


自分もそんな風に、説教、嫌味、必要以上の指摘など、攻撃されて腹を立てたり心を痛めたりすることもあるけれど、


思い返してみると、そんな攻撃をしてくるような人達はどの人も「大した人間ではない」んだよね。


むしろそういう人達は、自分の人生がうまくいっていなかったり、色々な人から嫌われていて周りの人達から承認されていないような人だったり、言い方を変えると『可哀想な人』であることがほとんど。

 

攻撃をしてくるような人で「成功者」や「満たされている人」を見たことがない。


芸能人やスポーツ選手のアンチとかもそうだけど、他人を必要以上に攻撃をする人なんて結局どの人もたいした人じゃない。


自分の人生としっかり向き合っている人達、人生を前向きに生きている人達は、他人を攻撃しているヒマがあったら別の事をするはず。他人を攻撃している時間なんてムダだもの。

 

他人を攻撃して傷つけて、快楽を得たい人。他人の不幸を喜ぶ人。そんな人は他人から好かれないし、余計泥沼にハマっていくだけ。


他人を攻撃する人は暇な人。他人を蹴落とす事でしか自分の価値を感じることができない。そんなことで自分の価値は上がりはしないのに。

 

…そういう人達の言うことをいちいち気にして気に病んでいたら人生もったいない。だってその人達、たいした人じゃないもん。

 

たいしたことのない人達の言うことに振り回されていてもしょうがない。そもそも「そんな文句ばっかり言ってる貴方達の人生はどうなの?」っていう話で。

 

他人を攻撃する人は皆不幸な人達。色々なところで言われている言葉だけど、自分の経験を通じて改めてこの言葉の意味を理解し直すことができた。


足を引っ張ってくる人達のことなんて放っておいて、前を見て進んでいけば良い。

 

いつでもこうやって冷静に考えられる自分でありたいもの。まぁなかなかそうもいかないのが難しいところなんだけどね。笑

 

ま、たまには立ち止まって振り返ってみて、そこで冷静に見られたらいいかな。

 

ちょっと毒吐き気味?の記事でした。