Happy Life k5(けーご)

k5の雑記ブログです。人生、欅坂46、日向坂46、ジャンプ(バスケ)、筋トレ、K-1等について語ります。

信じられない話を聞いた。【パワハラ上司】【心理】2019.3.6

どーも、k5(けーご)です。

 

ちょっと今日は、前職で一緒に働いたパワハラ傾向のあった上司の話をしたいと思います。

 

話が話なので、ちょいとネガティブな日記になるかもしれませんがご了承ください。

 

愚痴に近い日記になるかなぁm(_ _)m

 

その上司(以下A上司)は、日常や仕事でのイライラを勝手に内にため込んでいるような人間であり、

 

時に衝動的かつ感情的に、部下である弱い立場の私等に対し怒声を浴びせたり長時間にわたる説教をしてくるような人間でした

 

仕事の内容ついての指摘をしてくる際も、せいぜい3割程度の力で優しく指摘してくれれば良いような内容について、10割の力で怒鳴りつけながら怒ってくる(「叱る」のではなく)ような人間でした。

 

しかも、周りの人が見ている中で。

 

部下の仕事の行いについて改善するために「叱る」というよりは、『自分の苛立ちをブチまけたいが為に「怒ってくる」』ような人です。

 

よくいるのではないでしょうか、こういったダメな人は。

 

 

さて、本題に入ります。

 

これを聞いたのはつい昨日の話なのですが。(下記の元同僚の子に聞きました)

 

上で紹介したA上司と、私と元同僚の子(割と若い女子)が話をしている中で、彼は彼女にこう話したそうです。

 

(A ´∀`)「俺は、過去に上司によって辛い思いをさせられてきたからね。自分は部下に対してそれをやらないようにしているんだ☆」

 

………

 

………

 

…( ゚Д゚)ハァ?

 

驚いてしまいました。笑

 

「どの口が言ってるんだ?」と。

 

どういう心理でこの言葉を発したのかと。

 

①元同僚(女の子)の手前、カッコつけたのか、

 

②本当に「自分は部下に対して正しい叱責の仕方をしている」と思い込んでしまっているのか(明らかに違うのに)

 

悪い事をしているという事を自分自身、頭のどこかで理解しつつ、どこかで正当化してしまっている

 

 

自分の勘としては、①と③かな…なんて思いました(;^^)

 

上記の文からは読み取れませんが、そのA上司は自分が見ていた限りそういうタイプの人間だったと思っていますので。

 

カッコつけたがりで、衝動的にキレて後で少し後悔するような素振りを見せていた人間だったように思います。

 

とまぁ…とにかくそんな話を聞いて「信じられないな…」と思ってしまいました。

 

 

 

っていうか、そういうパワハラをしてしま人間の特徴・心理って大抵、

 

内面・精神面に未熟なものを抱えている

 

だと思うんですよね。

 

これは数々のパワハラ上司を見てきた私の意見なのですが。

 

暴力をふるう、物に当たる、必要以上の怒声を浴びせる、仕事を手伝わない、責任を部下に押し付ける…など色々なパワハラ上司がいますが、

 

総じて言える事なのではないでしょうか。

 

適切なコミュニケーションの仕方を知らない、適切な教育の仕方を知らない。

 

そして内心自分に自信が無い。

 

内面に葛藤を抱えているから、本来の人柄はさておき、人に優しく出来ない、人に当たる事で内面の葛藤を解決しようとしてる。

 

そんな人間達なのだと。

 

「こじらせた人間」って怖い…改めて思いました。

 

自分の中に存在している悪に気付こうともしないし、気付く事も出来ない。自覚すらない。

 

都合の良い解釈をして、ラクな方へラクな方へ逃げている(結果ラクじゃなっていくにもかかわらず)

 

恐ろしいと思いましたね。

 

今回その話を聞いて、過去を思い出して単純にアタマにきて、「何故そう思ったのか」と考え分析し、今回ちょっと書きなぐってみたのですが…。

 

いやはや…何も変わっていないようで残念です。笑

 

 

 

しかし、自分も次もそういう人間に出会ってしまった時はどうすれば良いのか…

 

友達であった場合は縁を切れば良い損切り・断捨離)

 

直属の上司でなければ、極力関わらない、仮に何か言われても右から左へ受け流す

 

直属の上司であれば…どうしよ。笑

 

極力関わらないワケにもいかないしな、基本的には上記と同じく右から左かな

 

どうしようもない場合はその上の上司に相談かな。

 

もしくはICレコーダーで録音し、駆け込むべき場所へGO

 

 

…何にしても、何処へ行っても「嫌な人間は必ずいる」、それも沢山。

 

それはどうしても避けられない問題。

 

その事実を受け入れた上で、極力被害に遭わないよう上手く避け続ける事が大切。

 

仮に理不尽でバグったような説教をされても、右から左へ受け流す事。

 

…それでもどうしようもない時は、闘う事

 

経験上、そういう風に強く出てくる奴は案外報復に弱い

 

ちゃんと「どう言い返すか」を考えた上で冷静に言い返す、時には相手以上のテンションで怒鳴るくらいの勢いで言い返すことも意外と効果的かもしれません。

 

ニラんでみるのもアリだったり。結構相手、怯みます。

(やったことアリ笑)

 

今はそういう心配はないのですが、いずれまた嫌な人間と遭遇してしまった時に、どのように対策して行くかを考えておくことも大切だなと思いました。

 

話が大きくそれてしまいましたが…。

 

 

嫌な人間ってそう簡単に変わらないものですね。

 

精神的に未熟だから、「変わろう」とも思わない。自分が間違っているとも思わない(思えない)。

 

だからずっと、そのまま。

 

嫌だなぁ、と思いました。

 

そういう人たちとは極力関わらず、「良い人達」と絡んで、人生を楽しく生きていきたいな、って思いました。

 

そんな感じです。(まとまったかな?)

 

 

101件目の記事は、こんな感じでした。笑

 

昨日報告された個人的に衝撃的なニュースを、少し愚痴りたかっただけです。

 

対策も軽く書いてみましたが、多少なりとも読んで頂いた皆様に役に立つような内容であれば幸いです(笑)

 

最後に、パワハラ上司・加害者さんに一言。 

 

 

足を踏まれた側の人間はアナタの事を覚えているものですよ。

 

何でもかんでも言いやすい人間だからと言って、調子こいて色々好き勝手やり続けていると、痛い目を見ますよ。

 

 

以上っす。

 

皆さんも気を付けてください。

(俺も気を付けなきゃ…)

 

微妙に怖いことを言って締めます。笑

(闇けーごくん)

 

では、今日はこんな感じで。

 

また更新しまーす(^^)/

 

 

k5(けーご)