Happy Life k5(けーご)

k5の雑記ブログです。人生、欅坂46、日向坂46、ジャンプ(バスケ)、筋トレ、K-1等について語ります。

②31歳+低ジャンプ力の自分があえて今、ダンクを目指す理由。【30代】【バスケ】【リングジャンプ】2019.2.27

どーも、k5(けーご)です(@Happy_Life)。 

 

前回記事の続きを書きます。

 

前回記事↓↓↓

happy-life-k5.hatenablog.com

 

 

ダンクを目指す理由その2

前回の記事でダンクをしたい理由を、

 

「カッコいいから」

 

「モテたいから」

 

f:id:happy-life_k5:20190411070408p:plain

 

という理由だけではないという話をしましたよね。

 

ではその、もうひとつの理由を今回お話ししたいと思います。

 

結論から言うと、

 

「プレーにおいて相手を圧倒することができるから」

 

です。

 

f:id:happy-life_k5:20190417023703p:image

 

高さ・ジャンプ力というのは、バスケにおいて圧倒的な「アドバンテージ」になるのです。

 

自分の身長は178cm

 

世の中の成人男性(日本人)とすればやや大きい方ですが、バスケ界においては決してそうではありません。

 

むしろ低い方です。

 

極端な話、190cmくらいの選手(ジャンプ力は並だとしても)に、自分のゴール陣のゴール下に立たれて、上に高いパスを出されたら、私にはもうほぼどうにもできない訳です。

 

せいぜいできることと言えば、その長身選手をゴール下に入れないようにディフェンスするか、彼がボールを下げた時にスティー(ボールを奪う)を狙うくらいなものです。

 

仮にその選手が自分よりも圧倒的なパワーがあって、ボールを下げない様な選手だとしたら、もうほぼ終わりです。

 

いとも簡単に点を取られまくります。

 

それほど、バスケにおいて「高さ」というのは大きなポイントになる訳です。

 

f:id:happy-life_k5:20190417023734p:image

 

しかし…そんな私にジャンプ力があったらどうなるか、わかりますよね?

 

身長は低くても、身長の高い彼らに対抗することができるのです。

 

そして高さのない選手に対しては、圧倒することができるようになるのです。

 

そういうことです、それがしたいのです。

 

身近の憧れの存在!

実は、そうしたいと思わせてくれるような存在が身近にいまして。

 

なんと身近に、

 

年齢:38歳

身長:180cm

 

ダンクができる方がいるのです。

 

f:id:happy-life_k5:20190417023750p:image

 

腕がやたらに長いとかではありません。

 

腕の長さを含めた高さを比べてみても、私と2cmくらいしか変わりません。

 

なのに、38歳になった今でもなお、爆発的なジャンプ力を誇っているのです。

 

ちなみにその方は元野球部で、バスケを始めたのは20歳の時から。

 

f:id:happy-life_k5:20190417024045p:image

 

 

昔から自分にジャンプ力があったことに関して自覚があったわけでもなく、その時から今にいたるまで筋トレをしているわけでもない。

 

「なんでそんな跳べるんですか!?」

 

と質問しても

 

「わからん。(兵庫弁)」

 

との返答。

 

f:id:happy-life_k5:20190417023920p:image

 

 

自分のジャンプ力に全然頓着が無い。

 

多分、天才なんです。笑

 

身体は締まっているけど、そんなに筋肉ムキムキなわけではない。

 

身体の使い方が抜群にうまいのだと見ていて思います。

 

ちなみにシュートも上手いし足も速いです。

 

流石にスリーポイント、ロングシュートは打てないようですが。

 

台形の付近辺りからなら普通に「打点が高く成功率の高いシュート」を打ってきます。

 

 

≪その人のバスケのプレイの例≫

 

ジャンプをしながら身体を反転させてシュートを打つ

(滞空時間が長いからこそ出来る技)

 

高く跳んでジャンプシュート

(届かないので打たれたら終わり)

 

・相手のジャンプシュートを軽々ブロックする

(ウソだろ!?というタイミングでブロックされる)

 

190cm近い人達、もしくはそれ以上の人達を相手に競り合ってリバウンドをもぎ取る(異次元)

 

ダンクに近いアリウープ(空中でパスを貰ってそのままシュート)を連発する

 

……どう思いますか?

 

メチャクチャカッコ良くないですか!?笑

 

f:id:happy-life_k5:20190417024254p:image

 

単純に、マジでリスペクトなわけですよ。

 

当の本人はひょうひょうとしているのですが。

 

彼は、もしかしたら天才なのかもしれない。

 

でも、身長は自分と大して変わらない。

 

そして、年齢は私の方が7歳も下。

 

もちろん自分と同じ、日本人。

 

その人にできて俺にできない、なんてことあるか?

 

……目指したいんです、彼のようなジャンプ力を。

 

f:id:happy-life_k5:20190417024412p:image

 

高く跳べるようになったら

ちなみに私はジャンプシューター

 

台形付近~ミドル、そしてスリーポイントシュートまで、比較的遠くのシュートを打つことを得意としています(主にミドルシュートが得意)

 

f:id:happy-life_k5:20190417024425p:image

 

そんな自分のジャンプ力が増えれば…無双ですよね??笑

シュートの成功率が高い事が大前提ですがw)

 

ディフェンス力走力パワーに自信がない訳ではない。

 

しかし、長身の選手やセンターに対してのディフェンスは苦手です。

 

リバウンド力もパワーではそこそこに対抗できますが、高く跳べないので負けてしまうことも多い。

 

そんな自分のジャンプ力が増えれば…ディフェンスでもリバウンドでも無双できるんですよ。笑

 

f:id:happy-life_k5:20190417023734p:image

 

ワクワクしかしないでしょう。笑

 

…というわけで、目指したいんです、ダンクを。

 

今後のバスケット人生の為にも。

 

昔憧れた、戦隊モノのヒーローに抱いていた憧れに似たようなものでもあるかもしれない。

 

まぁもう、何だっていいじゃん!!

 

ダンクしてぇんだよぉぉぉ!!!

 

f:id:happy-life_k5:20190415211827p:plain

 

(最後崩壊)

 

おわりに

というわけで、私がダンクを目指す理由は、

 

「プレーにおいて相手を圧倒することができるから」

②「カッコいいから」

③「モテたいから」

 

 とまぁ、そんな感じの理由でした。

 

自分のためにやりたいんです。

 

チャレンジしたいんです。

 

悔いのない人生を送る為にも。

 

きっと成功させてやります。

 

以上ーーー!!

 

 

では、こんな感じで。

 

最後まで読んでくださってありがとうございましたぁ!(^^)/

 

 

k5(けーご)